CATEGORY コラム

メモは大事だけど絶対必要なものじゃないと思う4つの理由コラム

新人が研修中にメモを取らない=やる気のないダメ社員?私がメモは大事だけど絶対必要なものじゃないと思う4つの理由

私がある会社に入ったことです。 新人社員として入社し午前中は座学で会社の成り立ちや仕事で必要な知識を学習し、各施設を周る現場仕事だったので午後からは先輩と同行することになりました。 数か所まわって会社に帰社し、先輩に呼ば…

戦国武将年表と年齢一覧コラム

年表で見る戦国時代!時系列で見る戦国武将の生まれ年&年齢と出来事まとめ(~大坂夏の陣/戦国時代終焉編)

毛利元就が好きです。 こんにちは、安芸守です。前の記事で最初の戦国武将と言われる北条早雲~戦国時代を終結させた徳川家康までの戦国武将を紹介させて頂きました。 まずは下の記事より前編をご覧下さい 今回は後編として徳川家康が…

戦国武将年表と年齢一覧コラム

年表で見る群雄割拠の戦国時代!有名な戦国武将の生まれと出来事はこういう時系列だった!?(~徳川家康誕生編)

みなさん、歴史は好きですか?安芸守です。 特撮好きな私ですが歴史も大好きで特に戦国時代に惹かれることが多いです。 三本の矢で有名な毛利元就ですリスクペクトしている理由は、 一代で中国地方を制覇した手腕 毛利隆元・吉川元春…

お客さんに&現役店員に伝えたい6つの主張コラム

両方の立場を経験する接客業の元店員が語る!お客さん&現役店員に伝えたい6つの主張

接客業の元店員さんであるダンディヒロシマ。店員時代もうちょっと気を付けてよ…と思うお客さんがほとんど。本当いいお客さんだなぁと思える方って1割いるかいないから悲しい現実です。そんなわけでお客さんに理解してほしいことを伝えます!反対に現役店員さんにも理解して欲しいマナーあるから!ね!

94世代は最強世代。大谷世代から学ぶゆとり教育のメリットとはコラム

94世代は最強世代。大谷世代から学ぶゆとり教育の3つのメリット

大谷翔平や羽生結弦は1994年生まれの94世代。大谷翔平の名から「大谷世代」とも呼ばれていますが94世代はゆとり教育を受けたゆとり世代です。ゆとり世代は世間から偏見の目でも見られていますがゆとり教育自体は失敗してないと思っています。94世代の活躍からゆとり教育のメリットを今回は紹介していきます。

70%は未だに手書き!?履歴書作成ももう電子化の時代にしませんか?コラム

【履歴書もIT化】70%は未だに手書き!?転職書類作成サービスで履歴書も電子化の時代へ!

履歴書は作成は手書きがいいか、パソコンがいいか度々論争になっていますね。しかし今だに履歴書の手書き文化が根強いのは事実。ただそこまでこだわりがないのではあればわたしは手書きではなくパソコンでの履歴書作成をおススメします。なぜ手書きではなくパソコン作成をおススメするのかそのメリットやデメリットを交えて詳しく紹介!

進学ならデメリットがない高卒認定試験の概要コラム

進学目指すならデメリットが少ない高卒認定試験のことを紹介!

前の記事で高卒認定試験のメリット・デメリットについてお話ししました。進学希望であればデメリットのない高卒認定試験ですが高認試験がどのような試験でどのような流れで受験していくのか今回はその部分を紹介しています。科目選択によってあなたにデメリットになるかもしれません。そんなことも詳しく紹介しています。

高認試験勉強法コラム

勉強が苦手な私が高卒認定試験を独学で1発合格した独自の勉強方法!他の試験でも参考になる勉強方法を探る!

運営者の私がなぜ勉強嫌いで中学時代成績も微妙だったにもかかわらず高卒認定試験を1発で合格したのか。その理由はなんなのかをご紹介します。大事なのはマインドコントロールと頭の使い方なのかもしれない!?もちろん高卒認定試験以外の試験や仕事、スポーツなどあらゆる場面で活用できること間違いなし!

福山城コラム

歴史・城好き集まれ!知る人ぞ知る名城福山城の素晴らしさ5選

2018年7月に起きた西日本豪雨。徐々に復旧が進み交通網も回復しつつありますが依然として完全復旧には至っていません。またこの豪雨に起因して広島の観光事業も打撃を受けて観光客数が大幅に減っているそうです。故郷であり広島出身の私は気掛りです…。そこで今回は2016年の夏に行った福山城の話をしようと思います。少しでも広島の手助けになれればと思ってます。

退職のすすめコラム

悩んでいる人へ!世間体は人生保護しない!入社直後でも退職のすゝめ

この記事をご覧になっているあなた!!少なからず仕事に行き詰まりを感じている方だと思いますが入社初日なのか数週間か数か月かそれは人によって様々でしょう。本日は自分の実体験を含めて入社数日でも退職するのであれば悩むことはなく上司に相談しても良いという話です。

終戦日 終戦記念日 1945年8月15日コラム

第二次世界大戦終結日は1945年8月15日ではなかった!?各国の認識と太平洋戦争こと大東亜戦争についてまとめました

多くの犠牲があったからこそわたしたちは平和に生きれていると思う安芸守です!1945年8月15日(水)は日本が無条件降伏を受け入れ日本が終戦を迎えた日。毎年8月15日は一瞬でもいいので平和であること、安心して寝れることが幸せであることを感謝しましょう。昭和がどんどん過去のものとなる中で将来の平和を担うのは今を生きるわたしたちです。そのためには過去に起きた事実を正しく認知しなければなりません。