TAG 防災

広島に災害を後世に伝えるための伝承施設を建設広島情報

【広島】2014年の広島土砂災害覚えてる?土砂災害が起きた八木地区に災害を後世に伝えるための伝承施設を建設!2021年度に開館予定

広島市は2014年「広島土砂災害」、2018年には「西日本豪雨」と数年で立て続けに豪雨災害に見舞われています。県域の70%が山間部のため県内は土砂災害警戒区域だらけ。しかし過去にも大きな豪雨災害を経験しながら防災意識が根付かない問題があります。そこで2014年の土砂災害地区の住民が中心となり防災意識を高め災害を後世に伝えるための施設を建設するそうです。