初期費用や不安を抱えて上京に悩んでいるそこのあなた!東京が自分に合っているか上京体験できるサービスをご紹介!

初期費用20万円くらいに抑えて憧れの東京へ上京するサービス
▼スポンサーリンク▼

地元広島が好きだけど広島以外の都市も知ってほしいと思う安芸守です!唐突ですがこの記事を読んでるあなた!上京したいなって思っていませんか?

まぁ上京するか悩んでない人はそもそもこの記事を開いてないですよね、きっと。

さて本題に戻りますが2018年の東京への転居者は40万人を超えました。多くの方が夢と憧れてを持って上京することでしょう。

上京する人たちがいっぱいいる中で

  • お金ないから…
  • 東京に知り合いもいないから生活できるか不安…
  • 上京しても東京の生活が合わなかったらしんどいし

とまぁ様々な理由で上京に踏み切れない方々もいっぱいいらっしゃると思います。

家の事情とかで上京できないとかならしょうがないですが費用がないとか上京するのが不安という理由で上京しないのは非常にもったいないです!

安芸守
時間は有限、後からやらずに後悔するならぜひ上京して欲しいです。

それでもやっぱり不安と思う方はぜひ

という上京支援サービス使って90日間の上京体験してみてはいかがでしょうか。




「TokyoDive」上京支援サービスって?(※広告掲載終了)

f:id:hiroshimasan-94:20190902001334p:plain

株式会社アプリさんが運営する上京支援サービス「TokyoDive」とは費用がなかったり、上京に不安を抱えている若者を中心に展開しているサービス。

最大の点は「仕事」と「住居」を同時に提供にしてくれる今までにはなかった新しい人材派遣サービスです。

具体的にどんな支援をしてくれるかの下に簡単にまとめてみたので目を通して下さい。

【支援1】仕事探し

上京時に大変なのが仕事探し。面接で何度も現地に足を運ばないといけないので旅費や宿泊費など費用がかさんでしまいます。

「TokyoDive」の場合だと従来の人材派遣サービスのように専任の上京カウンセラーの方と面談して仕事先を決めますが

  • 来訪によるカウンセリング
  • 電話によるカウンセリング

どちらかを選択できます。

地方など遠方の場合は「電話によるカウンセリング」を選べばわざわざ足を運ぶ必要がありませんので費用を節約することができます。

オススメポイント
  • 来訪・電話とカウンセリング方法を選ぶことができる
  • 紹介してくれる職種が豊富
  • 専任サポーターがきっちりヒアリングし希望を考慮して自分にあった企業をマッチングしてくれる

紹介してくれる職種も

  • 飲食サービス
  • 販売サービス
  • アパレル
  • 受付
  • ホテル・レストランサービス
  • コールセンター
  • 一般事務
  • その他(営業職、施行管理など)

このように様々なので自分にあった職種を選択することができ、専任サポーターが自分にあった職場をマッチングしてくれるので不安が少ないのも嬉しいですね。

【支援2】住まい探し

住まい探しのサポートをしてくれるのも「TokyoDive」ならではです。

通常物件の下見をしたりしないといけないのでここでも交通費など費用がかかり、契約時に敷金礼金・仲介手数料などで相場的に家賃約4.5ヶ月分の初期費用がかかります。

しかしサポートを受ければ下見など無駄な時間や費用をかけないでいいばかりか、初期費用を抑えることができます。

どれだけ抑えれるかを下にまとめましたのでご覧ください。

従来の賃貸契約
※一般の相場
「TokyoDive」の賃貸契約
※シェアハウスの場合
敷金 約家賃1ヶ月分 0円
礼金 約家賃1ヶ月分 0円
仲介手数料 約家賃1ヶ月分+税 0円
他諸費用 約3万円以上 0円
家具・家電 ほとんどの物件が無

このように普通に賃貸契約をすると敷金・礼金をはじめ家具・家電、仲介手数料、保険等諸費用で家賃4.5ヶ月分40~60万円以上かかると言われています。

TokyoDiveのシェアハウス賃貸を選べば必要なのは最初の1ヶ月の生活費のみなので初期費用を約1/3も抑えて格段に安く上京することができます。

オススメポイント
  • シェアハウスで同じく上京した仲間がたくさんいるので上京してすぐでも1人じゃない
  • TokyoDiveのシェアハウス、通常のシェアハウス、ワンルーム賃貸と自分にあう物件を選択可能(多少の費用変動有)
  • 専任サポーターが職場との距離など上京を失敗しないようにサポートしてくれる

職場との距離も計算して住まいを提供してくるのは仕事と住居を一貫して提供してくれるからこそですね!

【支援3】家賃補助

企業によっては家賃補助があるところもありますがほとんどありません。あったとしても会社から2キロ圏内に住んでいる人限定など条件があり全員が一律もらえるわけではありません。

しかしTokyoDiveで上京すると家賃補助が付いてきます!

オススメポイント
  • 家賃補助で家賃0円で住める可能性がある
  • 浮いたお金を生活費や貯金など他の部分に回すことができる

共益費が1万かかる場合がありますが家賃補助で家賃を実質0円にすることができるので1人暮らしする方にとっては非常に心強いですね。

浮いたお金の使い方は自由なので親に仕送りを送ったり、今後の東京生活に備えて貯金にまわせたりできるのは物価の高い東京では非常に助かります。

とことん若者を支援・応援してくれるのがとてもありがたいですね。

応募してからの一連の流れをおさらい

ざっと上京する流れをまとめておきます。ぜひ参考にしてください。

応募

無料カウンセリング
(来訪時/1~2時間・電話時/30分~1時間)

仕事紹介

仕事決定

住まい紹介

住まい決定

上京・仕事スタート!

これら一連の流れを1人でやるには費用も労力も不安ですが、上京カウンセラーの方が全面的にバックアップしてくれるのはとても心強いですね。

応募時の注意点

1人で上京するのと比較すると、コストも労力もあまりかけることなく上京することができますが反面注意しておかなければならないポイントもあります。

それが下にまとめた通りです。

注意点

  • 上京体験ができるのは90日間であること
  • 少なくとも上京最初1ヶ月分の生活費を準備しておくこと(最低でも13万円くらいあると楽かも)
  • 上京時の交通費は自己負担であること

あくまで上京を体験するのが目的なので就業体験や体験入部、仕事でいうところの試用期間と同じ括りです。無論期間が決まっており、その期間は90日間です。

それを過ぎるとどうすればいいのかはカウンセリング時や事前に問い合わせるなど、ご自身でご確認下さい。

また給料が振り込まれるのは1ヶ月後なので、上京時の最初の1ヶ月の生活費上京するための交通費も準備しておく必要があります。

初期費用を準備すると考えたらそこまで大きな額ではありませんが準備することを忘れないようにして下さいね。

あなたの上京が実りあるものになることを願っています!

いかがでしたでしょうか。

低コストなので費用がない人は上京するハードルがとても低くなりますし、体験期間終了後に地元がいいなと思ったら帰郷できちゃうので上京が不安な方も上京しやすいのではないでしょか。

別記事で紹介させて頂いておりますが、

帰郷

帰郷しようか悩んでいる人へ!首都東京に上京するも都で抑うつ診断されそれ以上消耗することを拒み上京1年未満で帰郷した話

2018.08.29

短期間上京しただけでもとても貴重な経験をすることができました。上京は自分を高める良いきっかけになると思うのでこのページがあなたの上京へのきっかけ・後押しになり少しでも役立つことを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

▼スポンサーリンク▼